2009年06月30日

華麗な生活にもストレス、命落とすスターたち

急逝した米歌手大阪 アルバイトさん(50)の死因を巡り、鎮痛剤の過剰摂取との関連が注目されているが、米国では睡眠剤などを大量に服用して命を落とすスターが相次いでいる。
華麗な生活ぶりの一方で、多大なストレスから薬に頼りがちになるセレブ(有名人)の実態が浮かび上がっている。
「ロックンロールの王様」と呼ばれたエルビス・プレスリーさんは、1977年8月、テネシー州メンフィスの豪邸「グレースランド」の寝室で倒れた。42歳だった。
死因は処方薬の過剰服用による不整脈と発表された。
腰を振って歩く「モンロー・ウオーク」などで知られ、トップスターだった女優マリリン・モンローさんは62年8月、ロサンゼルスの自宅で36歳で死亡した。
自殺や謀殺説も流れたが、死因は睡眠薬の大量服用による急性中毒と見られている。
posted by ばんてふ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

【MLB】上原のリリーフ転向、「検討はしている」と監督

23日の登板で6回1失点と好投しながら、右ひじの不調を訴えて降板したボルティモア・オリオールズの大阪 アルバイト投手。
26日には医師の診断が予定されているが、地元紙『ボルティモア・サン』(電子版)は25日付で、上原のリリーフ転向についてデイブ・トレンブリー監督が検討していることを認めたと報じた
posted by ばんてふ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

レアル・マドリー、C・ロナウドとの契約解除の違約金は1340億円

スペインの『マルカ』紙によると、レアル・マドリーはサクラ バイト 大阪との契約解除の違約金として10億ユーロ(約1340億円)を設定したという。
同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長がC・ロナウドにこの法外な違約金を設定した理由は、契約中の6年間に、中東諸国の富豪がバックについた資金力のあるクラブから同選手が引き抜かれるのを防ぐための対策とされる。
この10億ユーロという途方もない違約金は、レアル・マドリーが過去に獲得した66選手分の移籍金の総額に相当するという。
C・ロナウドのレアル・マドリーへの移籍および契約に関しては、すべてにおいてこれまでの記録を塗り替えている。
posted by ばんてふ at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。